キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お行儀の悪い子
 キャバクラで話が合い、お気に入りの子が出来るとハイペースでキャバクラに通うことになる。
 そしてしばらくすると、外でご飯でも食べよう、って事になり、同伴することになる。

 今まではお店の中だけのつき合いであったが同伴となると外で食事して会うことになる。
 しかし、初めての食事の時、お行儀が悪いと二度と指名をしたくなくなる。
 たとえば、
 ①上手に箸が使えない。
 ②箸を持った手で皿を持つ。
 ③回りのお客さんのことを考えずに大きな声でしゃべる
 ④食事のあと「ごちそうさま」と言わない。
 ⑤平気で待ち合わせ時間に遅れる。
 等

 さようなら、とも言わずに消えていくことになる。


この相手・この場面これがマナーの基本です




初々しいキャバ嬢
 今の時期、大学に入学し一段落し、新しいバイトとしてキャバ嬢を始める子がいる。
 そういったキャバ嬢はとても初々しい。

 「今日初めてなんです。よろしくお願いします」なんていう普段着のキャバ嬢を見ると水割りが作れなくても許してしまう。

 また、中には勘違いのキャバ嬢もいる。
 席にきて、ムスッとして逆さまにして名刺をくれる。
 何か話題を出してくるわけでもなく、グラスの水割りが半分になっていても何もしない。
 見るからに初心者キャバ嬢である。
 お酒作らずに席に座ってるだけで時給何千円ももらえる訳がないだろう、と言いたくなる。
 仕事しろ!
 とっても苦痛のひとときである。

 キャバ嬢は誰でもできそうであるが、向き不向きがあると思う。
 スカウトの人たちは誰でもスカウトするんじゃなく、向き不向きはちゃんと見極めて欲しい。


飲みたいときに、美味しい温度♪HOT&COOL DISPENSER(ウォーターサーバー)
飲みたいときに、美味しい温度♪HOT&COOL DISPENSER(ウォーターサーバー)
人間の本能
 キャバクラにフリーで入ると1セットで3人くらいのキャバ嬢が入れ替わり席に着く。
 初めて見るキャバ嬢であるが、第一印象の善し悪し、2,3言しゃべった印象でその後の自分の態度の変化が分かる。

【好みのタイプの子】

 仕事疲れでもシャキッとなり、背筋も伸びて会話が進む。
 時がたつのを忘れてどんどん話が盛り上がっていく。
 そして、ボーイから「女の子交代のお時間ですけど良かったら指名はどうですか?」と聞いてくれば、
 「じゃあ、指名で」となる。

【好みのタイプじゃない子】

 急に睡魔が襲ってくる。
 話すのも疲れるのでボーっとしてしまう。
 手持ちぶさたであり、水割りが進む。
 女の子も退屈そうである。
 どうしてこんな退屈な時間にお金を払わないといけないんだ、と腹立たしくなる。
 何度も時計を見て、早く次の子が来てくれないかと気になる。

 ボーイから「***ちゃん」とチェンジの声がかかると、ホッとし、次の子に期待を膨らます。




キャバ嬢のドタキャンについて考える
 キャバ嬢と同伴の約束をするときの事。

 お店に入る時間の2時間程度前の待ち合わせであれば、99%約束の時間に来てくれる。
 ところが、早い時間から会う約束をすると、必ず直前になって
「ごめんなんさい。家の用事でどうしても6時くらしか行けない」
とか言う言い訳とともに連絡が来る。

 キャバ嬢にとって同伴も仕事のうちであるが、お客さんと何時間会ってもバックが変わるわけでもない。
 キャバ嬢はいつもより早起きしてまで、お客さんとは会いたくない、というのが本音だろう。

 あるキャバ嬢と同伴したときに、会う直前になって、
 「ネイルサロンに行きたいから待ち合わせちょっと遅くして欲しい」と言われたことがあった。
 ネイルサロンに行くのであれば、早起きして行けば良いのに、と思ったが、そのキャバ嬢の言うとおり待ち合わせを遅くした。

 そして先週末の事である。
 そのキャバ嬢と同伴の約束をしていたが、またもや待ち合わせを遅くして欲しいと連絡があった。
 理由はなんであれ、お客さんとの待ち合わせに何回も時間を遅らせると言うことに我慢ができなく、
 「約束を守れない人とは付き合えません。今までありがとう。さようなら」とメールを入れてキャバ嬢を切った。

 そのキャバ嬢からは言い訳のメールが入っていたが無視した。

 こんな事で切れていてはキャバ嬢とは付き合えないのかもしれない。
 もっとも、会う時間を遅くしておけばこんな事で縁を切る必要がなかっただろうけど。

【緑屋質屋】ルイヴィトン M41414 スト付キーポル55cm モノグラム




キャバ嬢の知りたくないこと
 お気に入りのキャバ嬢ができた場合、この先の進展を期待することになる。
 真の恋愛にせよ、疑似恋愛にせよ、キャバ嬢の私生活について知りたくないことがでてくるだろう。
 知らない方が幸せってことも多々あると思う。

 ①キャバ嬢に彼がいること
 ②キャバ嬢は彼と同棲していること
 ③キャバ嬢に旦那がいること
 ④キャバ嬢に子供がいること

 上記事実があるのであれば、ずっと永遠に騙し続けて欲しい。




嬢の香り
 地下鉄とかJRで隣の席の女性からほのかな香りが漂ってくる時がある。

 ほのかな香水の香りがすれば、キャバ嬢かクラブ、ラウンジのホステスだろう。
 もちろん、その女性を見れば、水商売と一目瞭然かもしれないが。
 快い香りでクラクラしてくる。

 時々、ほのかな石鹸の香りがすることがある。
 見た目は普通のOLっぽかったら、風俗嬢なのかもしれない。




音信不通になる理由の考察
 キャバ嬢を卒業する前には必ず次のような会話が交わされる。
 「お店辞めてもずっと仲良くすればいいじゃん」と言ってくれる。
 あるいは、「お店辞めてもずっと連絡するからね」とも言う。
 しかし、現実は違う。

 お店を辞めてしばらくして、たまにはご飯でも誘おう、と思って連絡すると「ただいまこの番号は使われておりません」と冷たい声が聞こえることになる。

 おそらくキャバ嬢は、お店辞めても連絡する、と言うことを何十人ものお客に言っている事だろう。
 そんなこと言われたお客は喜んで毎日のように連絡をしているのではなかろうか。

 社交辞令か勢いで言ってしまったキャバ嬢は後悔してももう遅い。
 毎日同じような電話かメールに辟易することになる。
 中にはストーカーもどきも出てくるかもしれない。

 そんな毎日に耐えきれずに携帯を変えることになるのではないだろうか。
 携帯を変えれば元客とは一切切れる。

 うざい元客も連絡してこない元客も十把一絡げだろう。

 そしてキャバ嬢とはある日突然音信不通になる。
 客とキャバ嬢との関係であったと再度気がつくことになる。



キャバ嬢の地域性
 都会の繁華街のキャバクラで働くキャバ嬢と郊外のキャバクラで働くキャバ嬢とは同じ女性でありながら何かしか違いがある。

 (1)郊外のキャバ嬢は方言をしゃべる
 (2)郊外のキャパ嬢は営業をしない
 (3)郊外のキャバ嬢は綺麗じゃない子が多い
 (4)郊外のキャバ嬢はブランド物を持たない
 (5)郊外のキャバ嬢は頭の弱い子が多い
 
やはり、同じお金払うなら都会の繁華街のキャバ嬢の方が楽しめる。


ノートPCはパナソニックが一番でしょう。

<5月20日発売予定>【税込・送料込】Panasonic【14.1型】ノートパソコン「Let’snote LIGHT W4...
<5月20日発売予定>【税込・送料込】Panasonic【14.1型】ノートパソコン「Let’snote LIGHT W4...
仕事に熱心なキャバ嬢
 キャバ嬢の中には仕事に熱心な子もいれば、そうじゃない子もいる。
 仕事に熱心なキャバ嬢はちょっと間違えると自分に気があるのでは無いかと勘違いしそうである。
 仕事に熱心なキャバ嬢はおおかた次のようである。

(1)定期的にお客に連絡する。
(2)お客からのメールにはできるだけ素早く返事する。
(3)返事を返せないようなつまらんメールもちゃんと返事を返す。
(4)決して「お店に来て」とか「同伴して」なんて誘わない。

こんなキャバ嬢から色恋営業されたらイチコロかも。


オリジナルゲルマニウムジュエリーおめざめヴィーナスライン(女性用)「楽天シニア市場」【金...
オリジナルゲルマニウムジュエリーおめざめヴィーナスライン(女性用)「楽天シニア市場」【金...


携帯から消えるとき
 キャバ嬢を含め知り合い等から長い間連絡が無いような場合は携帯のアドレス帳から番号を消す。

 おおよそ、下記のルールに従っている。

 キャバ嬢・・・・・・・3ヶ月連絡が無ければ消す
 ラウンジ等のママ・・・1年連絡が無ければ消す
 その他(男友達等)・・よほどの事がない限り消さない 

 ただし、久しぶりにキャバ嬢に連絡を取ったら
 「ただいまこの番号は使われておりません」
 といわれた場合は、即消す。
 そして自分から連絡取ったことを後悔する。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。