キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お客の財布は自分の財布
 お店では「ドリンク飲みたい」、って言えば飲ませてあげる。
 同伴では食事、タクシーの支払いはもちろん、何か欲しいって言えば買ってあげる。
 お客とキャバ嬢という関係を維持するためには、いつでもにこにこして財布係になる必要があると思う。

 ただし、ご飯をご馳走になれば「ごちそうさま」と言ってもらいたい。
 何かプレゼントをもらえば「ありがとう」といのが礼儀だと思う。

 頭の悪いキャバ嬢はだんだんお客の財布は自分の財布と思ってしまうようだ。
 ある日同伴して食事しているとき「ストッキングに伝線が入ってしまったので買って」って言い出した。
 どうしてそんなものを買わないといけないかと思ったが、途中のコンビニに寄った。
 ストッキングの支払いをしようとしたら、何を思ったか、そのキャバ嬢はガムと香水をレジに持ってきた。
 僕が払うのが当然のような顔をしてレジに置いた。

 プチッと切れた。
 「もう帰るわ」と言い残し帰ってやった。
 その後キャバ嬢から連絡が入ったが無視した。
 
 そんなバカなキャバ嬢と同伴していた僕がバカだった。


香水 ジバンシー ウルトラマリン スポーツ オーデトワレ 50ml
香水 ジバンシー ウルトラマリン スポーツ オーデトワレ 50ml
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。