キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キャバ嬢のドタキャンについて考える
 キャバ嬢と同伴の約束をするときの事。

 お店に入る時間の2時間程度前の待ち合わせであれば、99%約束の時間に来てくれる。
 ところが、早い時間から会う約束をすると、必ず直前になって
「ごめんなんさい。家の用事でどうしても6時くらしか行けない」
とか言う言い訳とともに連絡が来る。

 キャバ嬢にとって同伴も仕事のうちであるが、お客さんと何時間会ってもバックが変わるわけでもない。
 キャバ嬢はいつもより早起きしてまで、お客さんとは会いたくない、というのが本音だろう。

 あるキャバ嬢と同伴したときに、会う直前になって、
 「ネイルサロンに行きたいから待ち合わせちょっと遅くして欲しい」と言われたことがあった。
 ネイルサロンに行くのであれば、早起きして行けば良いのに、と思ったが、そのキャバ嬢の言うとおり待ち合わせを遅くした。

 そして先週末の事である。
 そのキャバ嬢と同伴の約束をしていたが、またもや待ち合わせを遅くして欲しいと連絡があった。
 理由はなんであれ、お客さんとの待ち合わせに何回も時間を遅らせると言うことに我慢ができなく、
 「約束を守れない人とは付き合えません。今までありがとう。さようなら」とメールを入れてキャバ嬢を切った。

 そのキャバ嬢からは言い訳のメールが入っていたが無視した。

 こんな事で切れていてはキャバ嬢とは付き合えないのかもしれない。
 もっとも、会う時間を遅くしておけばこんな事で縁を切る必要がなかっただろうけど。

【緑屋質屋】ルイヴィトン M41414 スト付キーポル55cm モノグラム




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。