キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
手品師
隣のテーブルに50過ぎの客が来た。
しばらくして、なんだか騒々しい。

その客は素人手品師のようである。
千円札を燃やしたり、100円玉を隠したりしている。
隣の僕たちまでその手品に見入ってしまった。

キャバクラでお金払って手品する客もちょっと変わった客である。

手品・マジックハンカチ系特集レインボー20世紀シルク




スポンサーサイト
演歌を歌い続けるオヤジ
時々1人でキャバクラに行き、ずーっとカラオケをしている客がいる。
それもずーっと演歌ばかりを。
演歌なんてキャバクラの雰囲気にはまったくあわない。
隣に着いた子は暇そうにずーっと手拍子をしている。

カラオケしたければカラオケボックスに行けば良いと思うがたぶん違うんだろう。
1人でカラオケに行っても、手拍子、拍手なんて無いだろうし、「お上手ですね」なんてお世辞もない。
キャバクラでカラオケすれば、キャバ嬢が曲の入力からすべてやってくれる。
お金持ちのオヤジならキャバクラでカラオケすれば良い気分になれるのだろう。
ただし、回りの客が迷惑がっていることを除けばであるが・・・。






メールの返信から・・・
ホステスさんとかキャバ嬢から毎日誰かしらメールが来る。

「今日は天気が良くて気持ちいいね」というたわいもないメールから「今日イベントだから顔出してね」という営業メールまでさまざまである。

これらのメールが来てから僕が返信するまでの時間は、①お気に入り度に反比例し、②営業度合いに比例していることが分かった。

具体的には、僕は以下の通り返信している。
(1)お気に入り子からたわいもないメール・・・5分以内に返信
(2)お気に入りの子からの営業メール・・・・・1時間以内に返信
(3)お気に入りでもない子からのたわいもないメール・・・1時間以内に返信
(4)お気に入りでもない子からの営業メール・・・無視


逆に考えるとキャバ嬢も客からのメールの内容好かれ度合いにより返信時間が違うのではないだろうか

(1)「今日お店行くね」とメールして1時間内に返事・・・嫌われていない客
(2)「今日お店行くね」とメールして返事が来ない・・・・嫌われている客
(3)「今日ランチしよう」とメールして「いいよ」と返事・・・特別な客
(4)「今日ランチしよう」とメールしたら夕方に「今起きた」と返事・・・タダの客
(4)「今日ランチしよう」とメールしたが返事が来ない・・・・嫌われている客

という定理は成立するような気がするのだが・・・



自分はどんな客か・・・判定方法
 クラブのホステスさんとかキャバ嬢から「あのお客さんの席につきたくない」ってボソッと聞く事がある。
 安くもないお金を払って飲みに行っているわけだから、楽しく飲みたい。
 楽しく飲むためには、少なくとも女の子に嫌われていては絶対にダメである。

ホステスさんから見て、お客さんを3つに分類できると思う。
①好かれている客
②タダの客
③嫌われている客

【ホステスAの証言】
休みの日の電話に嫌いな客からの電話には絶対に出ない。

【ホステスBの証言】
休みの日には基本的にお客さんからの電話には出ない。

【キャバ嬢Aの証言】
嫌いなお客さんじゃなければ出るよ。

上記証言から下記の事が言えると思う。

女の子が休みの日に電話をしたら
出てくれた・・・・嫌われていない。
出てくれない・・・好かれてはいない。

 サンプル数3件では少々心もとないが、ホステスさんが休みの日に電話して出てくれれば嫌われてはいないし将来性があると判断していいのではないだろうか。
一度お試しあれ。


お客と良いお客の定義
(1)お客とは?
 お客とはお店に来てくれる人をいう。

(2)良いお客とは?
 ①指名してくれるお客
 ②ドリンクを飲ませてくれるお客
 ③ヘルプの子にもドリンクを飲ませてくれるお客
 ④フードを頼んでくれるお客
 結局はお店でお金を使ってくれるお客が良いお客である。


詳細はこちら・・・

いい人だったぁ。

ケチは嫌われる




キャバ嬢に気に入られる
キャバ嬢にとって気に入る客とは、
①客の見た目が格好いい
②客の話し方がやさしい
③客のしぐさが良い

こんな事言われてもどうしようもない。
でも、結局キャバ嬢指名が欲しいだけ。




自分はどんな客?
キャバ嬢は、苦手な客も、ポイントのため、ノルマのため、お店のために頑張ってるだけ

 キャバ嬢が自分の事をどう思っているのか探る方法はないものだろうか。
 同伴断られたら自分は嫌われているのかな、って分かるけど、同伴だって仕事のうちと割り切っているキャバ嬢だと良いカモ客なだけ。
「僕の事好き?」って聞いたところで「好きだよ」としか返ってこないだろう。
 永遠の謎である。


詳細はこちら・・・

閑・ヒマ・暇





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。