キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
飲みに出ても飲酒運転にならない方法
最近、飲酒の取り締まりの影響で郊外のキャバクラはお客がさっぱりらしい。
もちろん、『飲んだら飲むな』は正しい。
車で飲みに出たくなる気持も分からないわけではない。
でも、危険性、法律の両面からやはり飲酒運転は不味いだろう。

居酒屋にいって、烏龍茶で乾杯してもつまらないだろう。
居酒屋で烏龍茶なら、喫茶店でケーキとコーヒーでも飲んでいた方が良い。

しかし、よく考えてみてください。
居酒屋に飲みに行く、っていうならしょうがないが、ここ読者の皆さんはキャバクラに行く事に生き甲斐を見いだしているのであって、決して水割りが飲みたいから行っているのではないだろう。

以前はキャバクラで水割り飲んでも平気な顔して運転していたが、最近は烏龍茶か水を飲んでいる。
自分が水しか飲んでいないのにキャバ嬢から
「何か飲み物頂いてもいいですか?」
なんて聞かれる事もなり、とっても経済的である。








スポンサーサイト
3Pでゴルフ
友達とゴルフに行ったときの事。

前の組は男1人と女2人であった。
カップルとその友達ということだろう。
その3人は完全に自分たちの世界に入っている。
これは問題ないがマナーもへったくれもない。

3人で回っているにもかかわらず前の組とはずいぶん離れている。
そんなことお構いなしでしゃべってばかりでティーショットはなかなか打たない。
グリーンに乗っただけで騒いで喜んでいる。
カップインしてもスコア書いているみたいでなかなかグリーンから降りようとしない。
イライラがつのるばかりであった。
もうちょっとマナーをもってプレーしてもらいたいものである。

ちなみに、ゴルフ場の予約はGDOでやるとポイントがもらえていいですよ。あとスコア、クラブの管理もしてくれます。もちろんタダです。






お客さんの種類
 キャバ嬢にとって、自分のお客さんが来るか来ないかで成績が左右され、時給に影響してくると思う。

 ここで、お客について分類すると下記の3つに分かれると思う。

 良い客:毎日のように来てくれて、お金をたくさん使ってくれる客。いわゆるカモ客。
 普通の客:時々来て、1,2セットで帰っていくお客
 客じゃない客:お店には来ずに、外で会おうとする客

 
 次に、客の立場から同様に分類する。

 マメな客:キャバ嬢に惚れ込んで毎日のように通う客
 普通の客:仕事の疲れを癒されに時々お気に入りのキャバ嬢に会いに行く
 客じゃない客:遊ぶお金をケチろうと、少しでも安く済ませようとキャバクラには顔を出さずに外で会おうと熱心に誘う。

 マメな客はお気に入りのキャバ嬢に嫌われないように無理な要求はしない。
 逆に客じゃない客は、嫌われても問題ないため、無理難題を持ちかける。
 惚れた方が負け。

サントリー ヴィンテージモルト[1986]山崎蒸溜所お取り寄せのため、お届けに3.4日かかります。



はじめに
 キャバクラにはまっている、キャバクラでもっと楽しみたいと思ってる、キャバ嬢の考え居る事がよく分からないとお思いの諸兄のために、多くのキャバ嬢キャバクラあるいはキャバクラに来る客について苦言を呈していらっしゃる。
 それを反面教師として、キャバクラで楽しく過ごす方を身につけようではありませんか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。