キャバ嬢たちのブログから本音を知り、キャバクラの遊び方を勉強しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
嬉しい過当競争
友達と居酒屋を早々に出て繁華街をぶらついていた。
もちろん、久しぶりのキャバクラに行くためだ。

そこに、2人の呼び込みのボーイがやってきた。
その2人は一生懸命値段とかシステムとかを説明し始めた。
よくよく聞くと、その2人はそれぞれ別のキャバクラのボーイであり、我々を店に引き込もうと必死である。

僕「システムはどうなの?」
ボーイA「うちの店は60分6000円のところを特別に5000円にします」
ボーイB「うちは70分で5000円にします」
ボーイA「うちも70分5000円にします」
ボーイB「更に女の子のドリンク一杯無料にします」
ボーイA「うちは女の子のドリンクすべて無料にします」

結局、その熱意に諦めて、順番に両方のお店に行く事にした。
僕たちは儲かったのだろうか?









スポンサーサイト
暇~
キャバ嬢から「暇~」ってメールが来た。
この地名古屋では中日×日ハム戦を見るために飲みに出ずに家でTV見てるよ。
けど応援虚しく負けた。





モテるための会話術
モテる男になるための会話術を指南する本です。
口八丁手八丁のマニュアル本と考えればいいと思います。



飲みに出ても飲酒運転にならない方法
最近、飲酒の取り締まりの影響で郊外のキャバクラはお客がさっぱりらしい。
もちろん、『飲んだら飲むな』は正しい。
車で飲みに出たくなる気持も分からないわけではない。
でも、危険性、法律の両面からやはり飲酒運転は不味いだろう。

居酒屋にいって、烏龍茶で乾杯してもつまらないだろう。
居酒屋で烏龍茶なら、喫茶店でケーキとコーヒーでも飲んでいた方が良い。

しかし、よく考えてみてください。
居酒屋に飲みに行く、っていうならしょうがないが、ここ読者の皆さんはキャバクラに行く事に生き甲斐を見いだしているのであって、決して水割りが飲みたいから行っているのではないだろう。

以前はキャバクラで水割り飲んでも平気な顔して運転していたが、最近は烏龍茶か水を飲んでいる。
自分が水しか飲んでいないのにキャバ嬢から
「何か飲み物頂いてもいいですか?」
なんて聞かれる事もなり、とっても経済的である。








出戻り
お気に入りのキャバ嬢から「お店を辞めるので最後に来て」とメールが入った。
よくよく聞けば、夜の仕事から足を洗ってお昼の仕事に変わるとの事である。
そのキャバ嬢とは1年くらいのつき合いであったが、彼女の今後の門出をお祝いするために、お店に足を運んだ。

ここまでは良くある話だ。

一ヶ月くらい経った後、そのキャバ嬢のいたお店に行ってみた。
もちろん、新しい子を見つけるためである。
お店に着くなり、呼び込みのボーイから
「涼子さん指名で良かったですか?」
「えーーーっ?涼子さん辞めたんじゃないの?」
「先週からまた入ってますよ」
「そうなの。だったら今日はやめとく」
新しい出会いを期待していたのが崩れ去った。
もうそのお店には行かないと決めた一瞬でもあった。










泣きたくなるとき
泣きたくなるとき・・・

・野球を見にいく約束をしていて、「体調が悪いから今日行けそうにない」って当日言われたとき。

・他の客へのメールを間違えて送信したのを受け取ったとき。

・指名のキャバ嬢が『妊娠して辞めた』って聞いたとき。

・雰囲気の良いお店を見つけて早速連れていったところ「以前来た事ある」って言われたとき。

・同伴中に他のお店で指名しているキャバ嬢に見つかったとき。

・ヴィトンのバッグが欲しい、って言うので言われるまま買ってあげたら、その後音信不通になったとき。


楽天トラベル




3Pでゴルフ
友達とゴルフに行ったときの事。

前の組は男1人と女2人であった。
カップルとその友達ということだろう。
その3人は完全に自分たちの世界に入っている。
これは問題ないがマナーもへったくれもない。

3人で回っているにもかかわらず前の組とはずいぶん離れている。
そんなことお構いなしでしゃべってばかりでティーショットはなかなか打たない。
グリーンに乗っただけで騒いで喜んでいる。
カップインしてもスコア書いているみたいでなかなかグリーンから降りようとしない。
イライラがつのるばかりであった。
もうちょっとマナーをもってプレーしてもらいたいものである。

ちなみに、ゴルフ場の予約はGDOでやるとポイントがもらえていいですよ。あとスコア、クラブの管理もしてくれます。もちろんタダです。






「眠い」
キャバ嬢から「ねむ~い」とメールが来た。
僕と寝たいと言う意味だろうか。
そんなわけないな。
「暇すぎて眠いから来てよ」って解釈すべきだろうな。


◆2000円~パーティードレス◆キラキララメ☆☆バックレースアシンメトリーワンピ(ピンク)






黒い太陽
「黒い太陽」新堂冬樹



 父親の入院費を稼ぐために入った夜の世界。主人公立花篤のキャバクラでの奮闘記を描いた長編小説である。

 この本をここで紹介するのは、キャバクラを題材にした小説だからだけではない。
 キャバクラ通いしている諸兄ならばキャバクラはどんなところか分かっているかと思うが、ボーイとか店長の仕事に始まり、キャバ嬢の教育に至るまで事細かく描画してある。
 我々客はキャバクラの表の姿しか知らないが、キャバクラの裏の姿を初めて知った部分も多く含まれており、やもするとキャバクラ嫌いになる恐れもある。この本を読むときは覚悟すべきかもしれない。

ホステスさんとゴルフ?
今日はとっても天気の良い中、ゴルフに行っていた。
もちろん男4人で行ったわけであるが、前の組はカップルで回っていた。

男は50歳くらい、女は25歳くらいだろうか。
親子には見えないし、もちろん夫婦にもみえない。
キャバ嬢みたいにキャピキャピとはしていないが、普通のOLとも見えない。
いろいろ議論した結果、場末のスナックのホステスさんとの意見で一致した。

そのホステスゴルファーは結構上手い。
男もそれなりに上手い。
とっても羨ましい光景を見続けたのであった。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。